【コカコーラ】2007年以降の名曲歴代CMソング(全動画付き)のまとめ

みなさん、コカコーラは好きですか?体には良くないとは思っていても、あのスカッとさわやかな気分を味わう為についつい飲んじゃいますよね。そんなコカコーラの魅力は、商品である炭酸飲料水だけでなく、CMソングがあります。

商品イメージにあったクールでイカしたな印象の音楽。どの音楽も記憶に残っていて、どこかで聞いたとこがあるという人も多いはず。そこで今回は、『2007年以降のコカコーラCMソング』をまとめてみました。

コカコーラ歴代CMソング集

2007年 RIP SLYME 「熱帯夜」

▼ RIP SLYME – 熱帯夜

リップスライムにとって13枚目のシングルとなる本作は、「Coke+iTunes」のキャンペーンCM曲にも起用されました。暑い夜にこの音楽を聴いたら、コカコーラが飲みたくなります。

2009年 安室奈美恵「WILD」

▼WILD

コカコーラゼロのcmソングとして採用されました。「WILD」というタイトル通り安室ちゃんがメチャクールです。

2009年 ZERO「RIZE」

▼ RIZE / ZERO -Music Video- コカコーラZERO CM曲

新イメージキャラクターに起用された、中田英寿さんが出演するコカコーラゼロ『ワイルドボクササイズ』篇にて使われたCMソングです。先ほどとは違い、男性をターゲットにしているそうです。

2010年 Layla Lane「HAPPY Lane」

▼ Layla Lane / Happy Lane(コカ・コーラTV CM)

コカコーラのCM「Boy篇」「Girl篇」に起用されている軽快な歌です。この曲は、コカコーラが発掘した新人Layla Lane(レイラ・レーン)の曲です。コーラソングは、メジャーデビューへの登竜門でもありそうです。

2010年 安室奈美恵 「 Break it 」

Break It 安室 奈美恵

コカコーラーゼロ編にて、安室奈美恵の「Break it」が起用されました。コカコーラゼロといえば、安室ちゃんというイメージが今でもあります。

2011年 安室奈美恵 feat. AI&土屋アンナ 「Wonder Woman」

▼Wonder Woman / 安室奈美恵 feat.AI & 土屋アンナ

AIと土屋アンナというパワフルなメンツを迎えた近未来的なロック・チューン。こちらも、コカコーラゼロ編にて起用されたCMソングです。

2011年 AI 「ハピネス」

AI-ハピネス

『コカコーラ』の“ウィンターキャンペーンの代表的なソングです。2011年〜2015年まで起用 され続けています。この曲は、数あるコカコーラCMソングの中でも、定番ソングではないでしょうか。

2012年 FUZZY CONTROL「Born to Be Wild」

▼ FUZZY CONTROL「Born To Be Wild」60秒バージョン!

この曲は、老若男女さまざまな人々のバンド演奏をつなぎあわせた「WILD SONG」編と、スケボーやロデオ、水上スキーなどに挑む人々を撮影した「WILD STEP」編にて起用されました。上の動画コカコーラ「WILD SONG」編には、FUZZY CONTROLの演奏シーンも使用されています。

2013年 The Canon Logic 「Chasing The Sun」

▼ The Wanted – Chasing The Sun

ミニフリスビー編で起用されたCMソングです。このアーティストは、デビュー曲が全米No.1になったり、その翌年の曲が全英No.1を取るなど当時勢いがあったグループのようです。洋楽は、やっぱりかっこいいです。

2013年 Stine J. 「You are My Sunshine」

▼ You Are My Sunshine – Stine J.

日本でもよく知られているアメリカのポピュラーソングが、コカコーラCMとして起用されました。1933年に作られた曲のようですが、どこかで聴いたことがある懐かしいメロディーです。

2013年 EXILE「NO Limit 」

▼EXILE / No Limit -short version-

この曲は“限界が無い”というタイトルの通り、アグレッシブなアップビートで展開するトラックに加え、“どこまでも挑戦を続ける”というEXILEの気持ちを全面に押し出したソングです。コカコーラゼロのCMで起用されました。

2014年 AI 「ハピネス」

2011年と同じ楽曲。2014年クリスマス編CMにて起用されました。

2015年 ゲスの極み乙女。 「 私以外私じゃないの」

ゲスの極み乙女。 – 私以外私じゃないの

「コカコーラ」のネームボトルキャンペーンのCM「バイク篇」「バンド篇」「ボルダリング篇」の3種類で、そのすべてにゲスの極みの「私以外私じゃないの」が起用されました。「子供の頃から20年以上親しんでいるコカ・コーラのCMソングを担当出来るのは夢のような話で、大変光栄です」とメンバーは喜びの声を上げました。

2015年  椎名林檎 「長く短い祭」

▼椎名林檎 – 長く短い祭

2015年コカコーラマーキャンペーンCMソングとして起用されました。椎名林檎ワールド全開の楽曲です。また、元東京事変メンバー浮雲とのデュエット曲ということでも話題となった一曲です。 

2016年 アヴィーチー&コンラッド・シューエル「 Taste the feeling 」

▼Avicii vs. Conrad Sewell – Taste The Feeling

コカコーラ2016年テレビCM、ウィンター「リボンボトル」「Anthem」「ゴールドアクション」「ゴールドボトル」篇のCMソングとして起用されました。この世界的アーティストと組んだ「Anthem」編は、グローバルCMらしいです。また、2017年のコカコーラCMにおいても引き続き利用されています。

2017年 unBORDE all stars「Fell」

unBORDE all stars「Feel」official music video(コカ•コーラ | unBORDEコラボソング)

新TVCM『コールドサインボトル』篇に本楽曲が、起用されました。ビーチで、美女たちに冷えたらラベルが変わるコーラを提供するCMです。

2018年 unBORDE all stars「Fell」

▼ Jason Derulo – Colors (Coca-Cola® Anthem for the 2018 FIFA World CupTM)

ジェイソン・デルーロが、コカ・コーラの2018 FIFAワールドカップ・オフィシャル・アンセムとなる新曲「Colors(カラーズ)」です。世界各国のサッカー・ファンへ向けたアップリフティングな応援歌となっています。

まとめ

▼日本コカコーラのHPへ(クリック)

『 2007年以降のコカコーラーの歴代CMソング』をまとめました。実際のCMで使われているのは主にサビの部分だけですが、どの曲も聞き覚えがあり、名曲揃いですよね。

こうした音楽の力も借りて、クールでカッコいい印象を与えてくれるコカコーラCM。次はどのような名曲が生まれるのか楽しみですね。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
CMソングライブラリー管理人

CMソングライブラリー管理人

CMソングが大好きです。備忘録のためにも、飲料、食品、自動車から携帯電話キャリアーまで数多くのものを紹介します。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。